AYA ENGEI

Ranunculus Breeder

復活 SHU's News

ラックス新品種と花の流通

花市場の仕組み(セリ、予約注文、入札など)

生産された花は生産者(花栽培農家)から消費者へどのような流れで届くのかご存じでしょうか?
ほとんどの場合生産者→運送業者→市場→卸屋→花屋→消費者という流れになります。
比較的大きな花屋さんはケースバイケースで卸屋さんを通したり、市場から直接仕入れたりしています。
小さな花屋さんは卸屋さんから買うのが主体だと思います。 今でこそ一部には宅配便で直接消費者へお届けする場合も出てきました。しかしそれは全体の数パーセントにすぎません。 なぜ宅配がなかなか増えないかというと「直接取引した方が一番利益幅が大きいだろう」という想像とは裏腹に、実際には 個別に準備するなどかえってコストがかかってしまうからです。 もちろんそこのところをクリアして実現している生産者がいることも事実ですが、まだまだ誰でも出来る状況ではないのが現実です。
市場を通しての流れが主流と言ったもののその内容は平成の間にずいぶん変わりました。 平成の初めころは市場ではセリが主体でした。セリはその日の入荷状況(品目や数量)や天気により、また冠婚葬祭や物日(バレンタインデーや母の日など)があるか? などによりかなり値段が高かったり安かったり変動します。 またセリ当日にならないとお目当ての品物が手に入るか?入らないか?はっきりしないのも花屋さんは仕事上問題でした。 その他色々な事情から今では予約注文(花屋さんが事前に市場にほしい品物を注文する)や相対取引( 市場が生産者からの出荷情報をもとにセリ時間までに卸屋さんや花屋さんと話し合いのうえ販売する)が主流になりセリで販売される比率は半分以下になっています。

どの花市場に出すかどうやって決めているか?

花農家がどこの花市場に出荷するのか?全国には200近くの花市場があります。 原則日本中のどこの市場にも出荷することは可能です。 しかし現実的にはまず地元の市場か知り合いがいる市場に出荷する場合が多いと思います。 市場での評価が上がったら東京や大阪など大手の市場に連絡を取って出荷してみます。
そこで評価を聞いて市場が欲しい品物であると判断したときは継続的に出荷することになります。
またどこの市場でもある程度の評価をしてもらった場合は相場が高く数量も多く受け入れてくれる市場が主力の市場となります。 また市場から注文が入れば原則出荷することになりますが、少量の場合支払手数料のことや運送屋さんの便の関係でお断りすることもあります。
綾園芸は栽培数量そのものが少ないために今まで取引してきた市場を中心に出荷しています。
また注文が重なって足りない場合は今まで取引してきた市場を優先することになります。
市場と花屋さんの関係は私は良くは分かりませんが、ここにも微妙な力関係があるようです。
小さな花屋さんが注文を出しても取り上げてもらえないことも時々耳にします。市場もビジネスなので効率を考えてすることだと思いますので難しい問題です。

新品種に関しては綾園芸からはごく少量で12〜3月で各品種数十鉢出荷の予定です。
綾園芸の出荷分については入手はかなり難しいと思います。
全国の生産者の生産量では新品種3種合わせて2〜3月に1000〜2000ポットor鉢予定していますが、メリクロン苗が確実に供給される保証はありませんので、今は未定です。 10月頃にははっきりします。
確実に入手できる方法はありませんが、もしいつもラックス(ラックス以外の花でもよい) を購入しているお店があるのでしたら来年の1〜2月ころにお店の人に注文できるか?聞いてみるのが良いかと思います。
ただ注文するといってもお店には箱(ケース)単位で入荷するので1鉢の注文を取り上げてもらえるかどうかは私には判断できません。 しかしお店も顔なじみのお客さんには何とかしてあげようと思うでしょうし、なじみでない時はほかのお花も買ってあげたりすると気持ちが前向きになってくれるかもしれませんね。
または入荷したら連絡をくださいと名前と連絡先を書いたメモを預けるのも手かもしれません。
花屋さんも忙しい時期はなかなか取り合ってもらえないので、地道に辛抱強く探すしかないでしょう。
是非お花屋さんの立場になって考えてあげてください。とにかく来年は宝くじに当たるくらいの気持ちでいていただけると良いのですが・・・
新品種を問わずラックスの流通量で綾園芸の栽培した鉢物、苗物の占める割合は10年前は100%でした。(現在は2%位) 10年前にはラックスは世界で初めて花屋さんににデビューしたので、果たして良い評価を得られるのか? はたまた売れない商品という評価を受けるのか? 全く未知数でした。その後徐々に評価も高まり、それを受けて生産希望する生産者も増えていきました。
そしてここ数年ガーデニングでのブームともいえる評判で急激に需要が増え、 それに伴い生産者、生産数量も増加しています。 一方綾園芸は生産者に種苗を供給することが本業で製品の生産数量は相変わらず年間1000鉢程度です。 今年、来年の全国の生産数量は4〜5万ポット(鉢)ですので綾園芸の製品を花屋さんで見かけることはまずないと思います。 でもそのことは問題ではありません。なぜかというと綾園芸よりも栽培技術が高くより良い品物を生産する方が何人もいますし実際そういう方の製品が市場に どんどん出回っています。どの商品もラックスは綾園芸生まれですが、育った環境は違いますのでそれぞれの特徴をよくご覧になってお買い上げいただけたら幸いです。

さて2021年ラックスの新品種は下記の3品種です。2022年に運よく巡り合えるかもしれませんね。

ヘスティアミネルバガラテア

2021/3/27更新

以前の記事

  • 2020/09/21
    新型コロナに思うこと
  • 2020/07/29
    種苗法と育種について - その3
  • 2020/07/27
    種苗法と育種について - その2
  • 2020/07/25
    種苗法と育種について - その1
  • 2019/12/06
    ラックスができるまで - その10
  • 2019/12/05
    ラックスができるまで - その9
  • 2019/12/04
    ラックスができるまで - その8
  • 2019/12/03
    ラックスができるまで - その7
  • 2019/08/24
    ラックスができるまで - その6
  • 2019/08/22
    ラックスができるまで - その5
  • 2019/08/20
    ラックスができるまで - その4
  • 2019/04/22
    ラックスができるまで - その3
  • 2019/04/19
    ラックスができるまで - その2
  • 2019/04/18
    ラックスができるまで - その1
  •