AYA ENGEI

Ranunculus Breeder

ラナンキュラスラックス (Ranunculus Rax)の栽培方法

ラナンキュラス ラックスはは比較的耐寒性があり、露地でも多少の霜や雪で、葉が凍ってしまっても大丈夫です。
地植えが心配な方は、鉢植えで球根を増やしてから、地植えを試してみてください。     

注意点

  • とにかく水はけの良い所に植えてください。
  • 乾きすぎに気を付ける。特に植えた後2週間くらいは。
    表面の土が乾いたら、たっぷり水をあげてください。
  • 日当たりは半日以上当たれば大丈夫です。
  • 北風が当るところは避けて下さい。
  • 鉢植えの場合3年毎に植え替えたほうが良いでしょう。
  • 蕾の時期にアブラムシが発生しやすくなりますので、予防防除あるいは見つけ次第駆除してください。
  

栽培日程の目安

(地域によって若干異なります。)



ラックスシリーズ勢ぞろい

下記は埼玉県熊谷市での地植えの様子です。関東地方でも、雪や霜が多くなければ大丈夫でしょう。

2014/4/14 テセウス
花が終わるので、鉢から花壇へ。日当たりがよい木の下へ移植。
2014/10/28
夏の間は葉が枯れています。
9月末に芽が出て1ケ月。
2014/12/08
霜で葉が凍ってしまいました。
その後、葉が一部変色
2015/01/30
雪が降りました。特に何もせず
2015/03/23
開花しました。
2015/04/10
50cmになりました。
株の大きさも去年の2倍以上

これは別の品種ですが、ずいぶん たくましいみたいです。

2014/11/11 ピュタロス
雑草と間違われ踏みつけられてしまいました。
2014/12/30
中央の小さな葉が育ち、
みごと復活
2015/04/10
その後場所が悪いので移植
株は小さいですが無事開花
2014/12/08 ケラモス
半日陰の場所で寒く、霜で葉が何度も凍ってしまいました。
2015/1/30
−5℃になったので覆いをかけ、わらを敷きました。その上に雪
2015/04/09 開花
一番丈夫そうです。60cm
蕾もたくさんあります。

その後ケラモスは水はけの悪い場所だったので、残念ながら夏の間に溶けてなくなってしまいました。

地植え可能地域

下記の地域は地植えして、翌年も開花しました。
(※栽培環境により異なりますので、地植えを保証するものではありません。)

宮崎県宮崎市
福岡県久留米市
香川県高松市
滋賀県守山市
岐阜県可児市
愛知県豊明市
東京都お台場
埼玉県熊谷市
群馬県前橋市

ただいま北限を確認中ですので、群馬県より北部または雪が多い地域で、地植えを試みた方の結果を募集中です。
お住まいの地域を明記の上、
メールを送ってください。

メールアドレス